人は心よ振いらぬ

寺社仏閣参拝と御朱印収集の記録

夕張神社

新ひだか町を後にして、とりあえず晴れてる方角に向かってドライブします。

内陸を適当に進んで、最終的に夕張市まで来ました。

www.city.yubari.lg.jp

 

f:id:alatar:20200204214505j:plain

f:id:alatar:20200204214626j:plain

f:id:alatar:20200204214519j:plain

踏み固めると除雪しづらいので、回り込みます。

 

f:id:alatar:20200204214612j:plain

f:id:alatar:20200204214643j:plain

 

夕張にて算出される石炭が、当時の海軍に貢献した影響で

東郷平八郎元帥直筆の揮毫した神額が奉納されている、

とのことですが、拝めませんでしたな。

 

神主さんはお留守でしたが、書置きの御朱印を頂きました。

f:id:alatar:20200204214722j:plain

 

 

静内神社

新ひだか町にお泊りして、翌朝に旧町名(静内町)を冠した

静内神社にお参りしてきました。

hokkaidojinjacho.jp

 

f:id:alatar:20200202225506j:plain

f:id:alatar:20200202225517j:plain

 

由緒の看板は新しくて、読みやすいですな。

f:id:alatar:20200202225530j:plain

 

某歌詞ではないですが、雪が夜更け過ぎに雨になって濡れた状況です。

f:id:alatar:20200202225608j:plain

f:id:alatar:20200202225619j:plain

f:id:alatar:20200202225722j:plain

 

社務所はちょっと薄暗かったのですが、

幸い人がいまして、御朱印を頂けました。

f:id:alatar:20200202225820j:plain

シンプルですな。

 

 

等澍院

日高地方にお出かけしましたので、

様似町まで足を延ばして「等澍院」へお参りしました。

tojuin.jimdofree.com

f:id:alatar:20200130183336j:plain

f:id:alatar:20200130183353j:plain

f:id:alatar:20200130183408j:plain

蝦夷三官寺のうち、様似町に建立されています。

 

御朱印を丁寧に書いていただいた様子で、お時間がかかったのですが

待ってる間にお茶を頂きました。

f:id:alatar:20200130183600j:plain

 

お寺の中はこんな様子。

f:id:alatar:20200130183631j:plain

f:id:alatar:20200130183647j:plain

葵の御紋は必須ですね。

f:id:alatar:20200130183701j:plain

 

住職さんが説明好き&お話好きな様子で、

色々と引っ張り出しては説明してもらいました(笑)

 

この大きな数珠で、何度も念仏を唱え

f:id:alatar:20200130183958j:plain

唱えた数だけ、この木札をひっくり返して記録するのだそうです。

f:id:alatar:20200130183940j:plain

こういう時期に唱えなさい、という指針が箱に記載されています。

f:id:alatar:20200130184141j:plain

 

f:id:alatar:20200130184152j:plain

 

神社の御朱印と、やはり雰囲気が異なりますね。

烈々布神社

内地の方は読めるのでしょうか?

ザ、北海道の地名を冠した神社、でしょうね。

「れつれっぷ」と読みます。

jinjasapporo.net

 

f:id:alatar:20200112134317j:plain

f:id:alatar:20200112134333j:plain

 

社殿の裏側に駐車して正面に回り込んだのですが、

「社殿がえらく奇麗だなぁ~」と思っていたら、

2019年秋頃に新しくされた様子ですね。

f:id:alatar:20200112134348j:plain

f:id:alatar:20200112134551j:plain

 

その名に相応しく、力強い字体ですな。

f:id:alatar:20200112134612j:plain

 

なお、内地出身のかみさん曰く

中二病の心をくすぐるような名前だよね」とのこと。

なるほど。

 

篠路神社

お正月飾りを神社に持って行こうと、ちょいと足を延ばしてみました。

hokkaidojinjacho.jp

 

篠路神社は札幌市内でも創建が古い方だとされていますね。

新年も一週間を過ぎ、平日ですが参拝者が途絶えることはありません。

 

f:id:alatar:20200108201513j:plain

f:id:alatar:20200108201526j:plain

 

境内には英霊を祀った石碑もあります。

f:id:alatar:20200108201645j:plain

f:id:alatar:20200108201656j:plain

 

参拝者が次々とお参りしていきます。

f:id:alatar:20200108201717j:plain

f:id:alatar:20200108201800j:plain

 

手水舎の奥には可愛らしい馬の像と、

f:id:alatar:20200108201815j:plain

子供のレリーフ?のような物が・・・・・何でしょうかね?

f:id:alatar:20200108201828j:plain

 

若くさわやかな宮司さんに書いていただきました。

f:id:alatar:20200108201950j:plain

 

 

月寒神社

新年、あけましておめでとうございます。

早速初詣に行って参りました。

比較的近くの月寒神社でございます。

hokkaidojinjacho.jp

 

流石に元日は混んでますね。

f:id:alatar:20200101173853j:plain

 

普段は静かに参拝できるんですがね(笑)

f:id:alatar:20200101173926j:plain

f:id:alatar:20200101173938j:plain

 

ここの狛犬様は凛々しいですな。

f:id:alatar:20200101174016j:plain

f:id:alatar:20200101174029j:plain

 

お忙しい日なので、書置きの御朱印でした。

お忙しい中、有難うございます。

f:id:alatar:20200101174105j:plain

月のマークが「らしい」ですね。

 

今年もゆっくりのんびりと寺社仏閣&お城もめぐりたいですね。

内地への旅行資金貯めなければ!

 

今週のお題「2020年の抱負」

龍宮神社

先週に続き小樽へ行ってきました。

年末年始の酒の肴を購入のためです。

勿論、お参りもしてきましたよ。

 

dragonjinja.ec-net.jp

f:id:alatar:20191226220601j:plain

f:id:alatar:20191226221434j:plain

榎本武明公が建立した龍宮神社へ行ってきました。

文字通り、龍が飛び交っていますね。

 

f:id:alatar:20191226221203j:plain

立派な銅像もあります。

 

f:id:alatar:20191226221230j:plain

御神木ですね。

 

f:id:alatar:20191226221257j:plain

海まで続いています。

小樽の神社は、こういう風景が多いですな。

 

f:id:alatar:20191226221525j:plain

帳面に収まりきらない迫力ですな。

 

なお、墨が移るのを防ぐために挟む紙もいい感じでした。

f:id:alatar:20191226221647j:plain

 

 年内の参拝は、これで終了・・・・・と思います。

数は少ないですが、見ていただいている皆様ありがとうございます。

良いお年をお迎えください。